おせち 母親

おせちは母の味

おせち料理は、もともと一つ一つの料理に意味があり重箱に詰めてお正月3が日食べて過ごすようなものでしたが、現在では通販やデパートで購入したり、スーパーのオードブルや宅配寿司のようなもので代用したりと、おせちを手作りする家庭はずいぶん減ってきていると感じています。

 

私の実家のある地域では、昔から大みそかの日におせち料理を食べてしまいます。もちろん元旦の日も食べるのですが、大みそかにはおせちの他に様々なおかずが並び大宴会になります。ですから、その2日前くらいからおせちの仕込みを始めるので、年末は掃除やら料理やらで大変忙しくなります。

 

我が家のおせちは購入してくる単品もありますが、「マメに働けるようにという黒豆」と「よろこぶの昆布巻き」、そして「おめでたい紅白なます」は必ず手作りしています。

 

特に黒豆をしわが寄らないように煮たり、昆布巻きを身欠きにしんをもどすところから作るので、大変手間がかかるのですが、手作りにこだわっています。売られているものを買ってきて重箱に詰めるのは簡単ですが、このおせちの3品は母の味を受け継いで、私も子どもに伝えていこうと思っています。

 

元旦の朝は、伝統的なおせち料理と好きな食材との組合せ

毎年の元旦の朝は、おせち料理を頂いていますが、家族が集まるテーブルの上には、所謂伝統的なおせち料理と、家族が好きな日頃はなかなか頂くことの無い食材が並べられます。

 

年末になると、母親がおせち料理を準備し始めます。おせち料理には、一品一品意味があって、なくしてはならない物なんだと思うのです。それらの中でも、にしんの昆布巻き、黒豆の煮物、栗きんとん、里芋の煮物などは母親が自分で作り、伊達巻や数の子などはお店で買ってきているようです。

 

これらの伝統的なおせち料理と合わせて、テーブルに並ぶのが、たらば蟹やマグロの大トロなどの魚介類です。家族は皆、蟹が大好き。なかなか日頃の食卓には並ばないのですが、元旦の朝は奮発して家族が満足する量のたらば蟹の足を、大晦日の日中に買ってきます。マグロの大トロも、蟹同様に奮発して頂くのです。

 

若い頃は、このたらば蟹とマグロの大トロが、元旦の朝の一番の楽しみでした。

 

一通り、おせち料理と、魚介類を頂いた後の〆として出されるのが、お雑煮です。家のお雑煮は、鶏肉の出汁を取った薄味のさっぱり醤油味で、お餅の上には柚子を細かく刻んだものが乗っています。関東風な物なのでしょう。

 

一品一品に意味を持つ伝統的なおせち料理と、大好きな食材を合わせて頂くことで、「その年のスタートが明るくなる」。我が家の元旦の朝は、そんな風景です。